象牙の塔4階2号室

アスペとADHDの高専生によるブログ(不定期更新)

April 12th

 現在充電器の調子がおかしいので更新しづらくなってる

日記

 こっちから話すの疲れる。一人の時間たくさんほしい

本日の授業

生涯スポーツ

 前回の授業で「来週は健康診断のためなし」とあったのにあれは教務係のミスによるものだと発覚。高専の教務係を擬人化するならドジっ子

 今日はスポーツ(バレー、バスケ、バドミントン、卓球、テニス)のうちの選択で、自分は二人組のあまりなので多対多でできるバスケに参加しようとしたのだが、バスケとして並んでた列がバドミントンであったことおよびバスケの人数が少なかったことからバドミントンをすることとなった

 久しぶりのバドミントンだったが動体視力がよくなったのか、はたまた周囲のレベルが低いことによる相対的なものかでうまくなったように感じた。しかし疲れた

電気回路BⅠ

 今日は「重ね海苔」の復習という事で重ね海苔を使った交流回路の問題を解いたのだが、途中で面談が挟まってしまったのとバドミントンの疲れからか不幸にも終わらせることができなかった

 面談では将来の進学希望ややりたいことなど色々聞かれた。数学科と聞いて意外そうな顔をしていたのだがバイトなど色々肯定的だったので安心した

健康診断

 本来ならここに入る「アジア文学論Ⅰ」(水曜3時間目)の密度が濃くなりつつある

 健康診断で、身長と体重、視力を測り、その他目の疾病や聴診器による内部の検査をされた

 身長は変わらず。しかし体重は2キロ減った。視力に関しては事前に目を圧迫するという民間療法をしてバフを掛けたので両目0.3とほんの少し上がった

 個人的に一番気になったのが聴診器による検査。実は私自身の発言がきっかけで中三の時に「聴診器フェチ」と皆に認識されてしまったのだが、私自身そのことに違和感を感じる点があって各先生ごとの聴診器による検査の違いというものを比べている

 今日の先生はわき腹からも診察を行うタイプらしく、それはくすぐったかったのだが肝心の聴診器の感触というものに特別いいと言える点はなかった。因みに毎年の健康診断でも前述と同様の「可もなく不可もなく」という結果を得ているので、やはり行きつけのクリニックの先生と環境によるものが大きいのかもしれない