象牙の塔4階2号室

アスペとADHDの高専生が日々の活動を記録する

July 15th 万事休す

問題

 今日の放課後に求めようとした問題。

 数学セミナー7月号より  \displaystyle{\lim _ {n \to \infty} \frac{n}{2 ^ n} \int ^ 1 _ 0 x ^ {n-1} (x+1) ^ {n-1} dx = \frac{1}{3}}

 これは読者の証明した定理を載せるコーナーにあったものだが、投稿者は65歳だったので凄いなーと思った。因みに15歳のもあって、特定のゼータ関数を表す複雑な式を投稿されていて少し悔しかった。

日記

 タイトルに「万事休す」とある通り、今日は何やっても上手くいかなかった。思えば、今日はいつもより早く家は出れたけども手提げバッグを忘れたところから始まった。

 これだけならまだ良かったものの、私が「手提げバックを持ってないこと」に気づいたのはなんとモノレールを降りた直後。そして当時の脳内はいっぱいだったので手提げバッグをモノレール車内に忘れたと勘違い。

 下車する駅の1つ後が終点かつ管理センターのあるところだったので、そこまで徒歩で行ったものの予想以上に遠く、早く家は出れたのに結局学校に着いたのはいつもの時間となった(救われたという見方もできる)。

 ところが登校してからもよろしくなかった。私は大きなリュックと手提げに全部詰め込んで管理の手前を省いているのでリュックの中身を確認(非効率!!)。ところが、なんと今日の分はリュック内に揃っていた。まあ何というかあんなに大変な思いをしたのに...(救われた見方もできる)。

 あとは金曜日は初っ端から英語の移動教室なのもあって大量に荷物を準備したものの、教室に一番肝心な筆箱を忘れた(借りなかったが2回も当てられた)。体育ではネット貼りでヘマこいて遅れを生じさせ、バレーでは「サーブミス連続2回でアウト」のチートみたいなルール(のちに改善)にてはめ殺しにあったのもあって一点も取れずに終わった。まだあるかもしれないがこの辺で留める。

 留年がチラついてるので放課後にレポートをしようとしたものの、これは己の問題だがやる気が起きずに逃避で数式の証明に勤しんだができずに下校。帰宅後に手提げを忘れてたことをようやく自覚してダラダラからの今に至る。

 そういう訳なので今日は早く寝たい。三連休、そのうちにレポート出来るだろうか。

余談

 因みに筆者は小学生時代にランドセルを一回、中学生時代にバッグを四、五回忘れている。なお、重量の関係で高専にリュックは忘れたことがない。

目標

課題

 やってない

実験レポート
英語Cワークブック
国語作文
現代社会レポート

PC修理

ブログの編集開始時刻

 23:30

ブログの編集終了時刻

23:05

0:30までに睡眠体制をとる。

  1. 0:30までに寝た。
  2. 1:10までに寝た。
  3. それ以降に寝た/寝てない。