象牙の塔4階2号室

アスペとADHDの高専生によるブログ(不定期更新)

March 26th

 2日連続でブログの投稿をだぶらせてしまった。一回目も二回目も同じことが原因。学ばない人です

日記

 今日も青チャートを進めたのだが、数日前まで大学数学の証明題という時間のかかる問題をずっとしていたがためにまるで何かが堰を切ったように進みが速い気がする

 中学での同級生のほとんどが受験を終えたというのに、自分は受験用の参考書を解くことができるというのが不思議でたまらない。数学だからと言うのもあるが、これが英語や物理、国語などに波及してしまえばいつかは受験できるときが来るかもしれない。前日の京大4浪ゼレンスキーも高専からの大学編入の闇に不満を持っていたようでそこらへん自分とほとんど同じなのだが、一方の私は受験に勝つという事が自己満足でしかなさそうではあること、および高専を同じように三年時特別修了してしまうと居場所がなくなること、4浪すると高専に入ってしまったこと以上に人生が狂ってしまいそうなので今後はするとしても学校での活動の傍らに行うことになると思う(受験突破できるかはわからないができると信じるほかない。しかし社会人でも挑戦している人はいるので...)

↓他人の学位記で100いいね。こういった高専中退者の大学進学情報は自分だからこそ知っているがネットでもあまり見かけることはなく偶然にも知りえた感じであり、こういうことこそまとめて文で発信することがインプレッション以上に人類の発展のためには重要。いつか誰かの目に留まるだろうから

 なお審議不明だが東大離散合格者を輩出した高校をネット上で確認していたところなぜか東京高専の名前を見つけた。高専→離散はこれ一件だけなので日本国内だとこれが優勝なのだが、合格年以外の情報がないので審議不明。